インスペクターでの参照登録をスクリプトで行う [Unity]

インスペクターから連番ファイル名のスプライト等を大量に参照登録する際、スクリプトでfor文を回して登録した方が早いなーと思ったので今回試みてみました。

上画像のようにインスペクターにスプライトを今回は3つ参照登録してみます。
※配列SpritesのSizeに3と入力して要素を3つ準備しておきます。

登録するのは”Assets/EditAssister/Image/”内にある ball1 ~ 3.png です。

[MenuItem] を使って、下画像のようにメインメニューから実行できるようにします。

下のコードを「EditAssister.cs」というファイル名で保存して、Assets内のどこかに「Editor」フォルダを作ってそこに入れるとメインメニューから実行できるようになります。

using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;
using UnityEditor;

public class EditAssister
{
    [MenuItem("CustomTools/Assist1")]
    private static void Assist1()
    {
        for (int i = 0; i < 3; i++)
        {
            GameObject.Find("SceneManager").GetComponent<EditAssisterScene>().sprites[i] =
                AssetDatabase.LoadAssetAtPath<Sprite>("Assets/EditAssister/Image/ball" + (i+1).ToString() + ".png");
        }
    }
}

他には下のコードのように、HogeというMonoBehaviourを継承したクラスを複数のGameObjectにコンポーネント登録して、さらにそのクラスにIDをふるようなことも出来ます。

for (int i = 0; i < 3; i++)
{
    var hoge = GameObject.Find("Canvas/Image" + (i + 1).ToString()).AddComponent<Hoge>();
    hoge.Fuga = i + 1;
}

あと、GameObjectのTransformをいじったりもできるので、物量のあるプロジェクトでももう安心です!

Post a comment

※承認されるまではコメントは表示されません。

Trackbacks

URL: http://b.i-tach.com/wp-trackback.php?p=1114

ABOUT

MY APPLI

サッカーピープル
サッカーピープル

操作のしやすさ最優先の
自由自在なサッカーゲームです
iOS版 / Android版

コロッコトロッコ
コロッコトロッコ

石ころのコロッコを転がしながら
サラリーマンを会社へ運ぶゲームです
iPhone版 / Android版

CATEGORIES

ARCHIVES

TAGS

3Dプリント AIR ANE Arduino Away3D client work DIY Flash Funnel JavaScript Kinect LED openFrameworks PhotoShop Progression Qubicle Unity Xcode アプリ インターバル撮影 カメラ キャラ ゲーム制作 コロッコトロッコ スクリーンセーバー デバッグ フットサル ミニマル ランニング レーザーカッター 事務所 低山部 作品 動物 塗装 展示会 文字 料理 福岡てら子 美食家 街ぶらり 道具 鉄道 電子工作

FEEDS

SNS

--

Arduinoをはじめよう
Arduinoをはじめよう

電子工作が未経験の人にも
分かりやすい入門書

Arduinoをはじめようキット
Arduinoをはじめようキット

上の書籍の内容が
一通り試せるツールセット

Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ
Prototyping Lab

「Arduinoをはじめよう」より
深く掘り下げた内容の実践書

Make: Electronics
Make: Electronics

電子工作の基礎から実践まで