テスターのテスト

僕の楽園「カホパーツセンター」でアナログテスターを購入しました。
購入時に店員さんから
「弱い電圧を測る用の設定で強い電圧を測ったら、うむをいわさず壊れるよ」
との忠告にすくみ上ってしまい、恐る恐るいろんなものをテストしました。

1.5Vの電池を3つ直列つなぎで、4.5Vかと思いきや3.5Vでした。そんなもんなの?電池って結構アバウト?
他には、Arduinoから5Vの電圧を出して測ってみたら、ちょっきり5Vでした。
後、コンセントからの交流電圧は約100Vでした。おめー強えーなー!

他の便利な機能としては、以下のようなものがあります。

■導通チェック

これはかなり使えるなと思ったんですけど、回路に2つのテスト棒を当ててみて、回路がつながっていれば「ブー」と音が鳴り、つながっていなければ音がなりません。

■抵抗チェック

抵抗器がどれが何Ωか分からなくなった時も、これで安心です。

■電池チェック

引き出しから1つだけ電池が出てきても、これで安心です。

これで電子工作がうまく行かないときの問題切り分けが速くなる気がするぞー!

Arduino(Japanino) で DCモータを制御してみる

今回はDC(直流)モータを扱ってみようと思い、カホパーツセンターに行ったところ、タミヤの「ミニバイク工作セット」なるものを見つけました。
DCモータも付いてるのでこれを動かしてみようということで即購入。
モータドライバには「TA7291P」を購入しました。

ギヤはありません。モータとタイヤをつなぐのは輪ゴム。工作な感じが出てますw

電子工作でモータを使うのは初めてだったので、書籍「Prototyping Lab」を見ながら回路を組んでみました。

今回Arduinoではなく、互換機のJapaninoを使った理由は、電池で動くので電源コードを引きずらなくて済むからということです。
同じく電池で動くFIOでも試してみたのですが、電力不足か何かでタイヤを回すまでに至りませんでした。(モータだけなら回るのですが。)

Japaninoを使うことによって書籍のサンプル回路と変わる点があります。(書籍ではArduino Duemilanoveが使われています。)
モータドライバ「TA7291P」の7ピンと繋ぐのがJapaninoでは5Vではなく3V3に、同じく8ピンと繋ぐのがVinではなく5Vに変更すれば動きました。

まるごと一まとめに

下の動画では、サイン波で徐々に前に進んだり後ろに進んだりするプログラムをJapaninoにアップロードしたものを動かしています。
荷物が重くてすぐ倒れるので後半はハンドルを持って支えています。補助輪がほしい!

最後に今回のArduinoのスケッチを載せておきます。

// モータドライバのIN1、IN2に接続したピンの番号
const int in1Pin = 9;
const int in2Pin = 10;
//サイン波の角度
int degree = 0;

// モータを回転させる
void set_move(double value) {

  if(value > 10){ //順方向
    analogWrite(in1Pin, value);
    analogWrite(in2Pin, 0);

  }else if(value < -10){ //逆方向
    analogWrite(in1Pin, 0);
    analogWrite(in2Pin, abs(value));

  }else{ //ブレーキを使用しないで停止
    digitalWrite(in1Pin, LOW);
    digitalWrite(in2Pin, LOW);
  }
}

void setup() {
  // IN1、IN2、PWMの各ピンのモードを出力にセット
  pinMode(in1Pin, OUTPUT);
  pinMode(in2Pin, OUTPUT);
}

void loop() {
  set_move( sin(degree*0.03)*255 );
  degree ++;

  delay(20);
}

Japanino(大人の科学付録)と魚釣りゲーム

大人の科学マガジンに Arduino の互換機「Japanino」と「光残像キットP.O.V」が付いてくるということで早速購入して組み立てたところ、これでなんか軽くやってみたいなと思っているうちに、それらを使った「魚釣りゲームコンテスト」なるものがあるという事なので、簡単なゲームを作って応募してみました。

作ったゲーム「カニ漁」はwonderflのサイトにアップしてるのですが、「光残像キットP.O.V」がないとPLAY出来ない為、PLAY中の動画をアップしました。


ゲームは昭和初期のオホーツク海という設定です。
船にカニが入ったら「光残像キットP.O.V」にカニが表示されるんですが、分かり難いというかこの動画では全然カニに見えませんねw
解像度が15×7ドットなのでこんなもんでしょうか。

今、思いついたんですけど、ハンドルを回すとゴマのパーティクルが落ちる「バーチャルゴマすり」とかどうでしょう?
需要ありますでしょうか?

※「魚釣りゲームコンテスト」の応募は7月14日で締め切られました。

[追記:2010.7.27]
応募期間が延長されました。

大人の科学マガジン Vol.27(8ビットマイコン)
大人の科学マガジン Vol.27(8ビットマイコン)

付録:「Japanino」 と 「光残像キットP.O.V」

加速度センサーで演奏

上の映像で、PCモニタに映っているのはswfファイルです。
手に持っているやつは3軸加速度センサー×FIO×XBee無線モジュールです。
これでswfファイルのスティックの動きをコントロールします。

本当は手に持っているやつの動きとまったく同じ動きが出せれば良かったのですが、3軸加速度センサーからの情報だけでは厳しいようです。
3軸加速度センサーの値からは、XYZの3軸の角度情報が割り出せるので、2軸分の角度情報だけを使ってswfのスティックを動かしています。

加速度センサーとFIO

2軸分の動きしかしないんだったら特にflashを3Dにする必要もなかったんですがね。
と、後で気付きました。

FIOのセッティング

FIOをPCと無線で通信できるようにする為の設定を行いました。

以下のページを主に参考にしました。

FIO: funnel.cc
Funnel Set up!: labo

FIOにFirmataのコードをアップロードするところで思いっきりハマッてしまいました。
最初は、はんだ付けに失敗したのかなーと思い、「XBeeエクスプローラUSB」を買いなおして再度はんだ付けしましたが、またもうまくいかなかったので途方にくれていました。
これまでMacBook ProからBoot CampでXPを立ち上げて作業していたのですが、試しにMac OSXのArduino IDE からアップロードしてみたところ一発でアップロード成功しました。ははは
多分、Boot Campに罠があったようです。

FIOとブレッドボードの接続方法をどうするか迷ったんですが、結局下の写真のような感じで落ち着きました。

FIOにピンヘッダをはんだ付けします。

小型ブレッドボードを2個つなげて、そこにFIOを差します。
※番号やアルファベットが振ってある標準的なブレッドボードだとXBee無線モデムが引っかかってうまく差さらないので注意!

ABOUT

MY APPLI

サッカーピープル
サッカーピープル

操作のしやすさ最優先の
自由自在なサッカーゲームです
iOS版 / Android版

コロッコトロッコ
コロッコトロッコ

石ころのコロッコを転がしながら
サラリーマンを会社へ運ぶゲームです
iPhone版 / Android版

CATEGORIES

ARCHIVES

TAGS

3Dプリント AIR ANE Arduino Away3D client work DIY Flash Funnel JavaScript Kinect LED openFrameworks PhotoShop Progression Qubicle Unity Xcode アプリ インターバル撮影 カメラ キャラ ゲーム制作 コロッコトロッコ スクリーンセーバー デバッグ フットサル ミニマル ランニング レーザーカッター 事務所 低山部 作品 動物 塗装 展示会 文字 料理 福岡てら子 美食家 街ぶらり 道具 鉄道 電子工作

FEEDS

SNS

--

Arduinoをはじめよう
Arduinoをはじめよう

電子工作が未経験の人にも
分かりやすい入門書

Arduinoをはじめようキット
Arduinoをはじめようキット

上の書籍の内容が
一通り試せるツールセット

Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ
Prototyping Lab

「Arduinoをはじめよう」より
深く掘り下げた内容の実践書

Make: Electronics
Make: Electronics

電子工作の基礎から実践まで