Arduinoで一眼レフカメラのシャッターを制御

最近の一眼レフデジタルカメラには、大体外部デバイスからシャッターを切ったりするための端子がついているので、今回は「Arduinoで命令を出してシャッターを切る」というのに挑戦してみたいと思います。

下の写真が、Canon EOS 40Dのリモコン端子(N3タイプ)の口です。Kissシリーズだとステレオフォンジャックの端子で行けるみたいなんですけど、EOSシリーズはすごいマニアックな端子となっています。

今回はこの端子と導線の部分だけが必要なんですが、マニアックな端子なのでなかなか見つかりません。
で、webでざっと見たかぎりこの端子が付いているもので一番安かったのが、「エツミ 電子リモートスイッチ」ってやつです。amazonで購入しました。

エツミ 電子リモートスイッチ RM-L1-C3 キヤノンN3[3ピン]タイプ用
エツミ 電子リモートスイッチ RM-L1-C3 キヤノンN3[3ピン]タイプ用

2日後、N3の端子が届きました。
さっそく導線をむき出しにしてみます。

赤、白、黒の3本のコードが入っていたのですが、テスターで調べたところ、黒がGNDってことがとりあえず判明しました。
そこで恐る恐る、白と黒の導線を接触させてみると、「シュコーッ」とフォーカスを合わせる音がするではないですか!盛り上がってきましたぞ!
次に赤と黒の導線を接触させるとシャッターを切る音が!ちゃんと撮影されてるみたいです!
後は好きなタイミングでこの接触を行うだけとなります。

どうやって接触させているのかを、下記のサイトを参考にさせていただきました。

 ・なんでも作っちゃう、かも。:一眼レフカメラのシャッターを制御する

参考サイトによると「フォトカプラ」という部品を使っているみたいなので調べてみると、

(1)と(2)の間の発光ダイオードを発光させることで、(3)と(4)を導通させるしくみみたいです。
しかも(1)(2)と(3)(4)間では絶縁を保ったままというのがポイントです。

フォトカプラを使うとして、次は回路を組むのですが、N3端子コードの先程のむき出しヨリ線だとブレッドボードに刺さらないので、カホパーツセンターに行った時ににその事を相談してみると、ブレッドボードに刺さる導線があるので、ヨリ線にはんだ付けしてから使うといいとの解答をもらいました。
頼もしいなー。カホパーツセンター・・・、バンザーイ!

これがその導線で、ちょうど赤・白・黒があったので、ペアルックにしてはんだ付け。

はんだ付けした部分がむき出しで、間違って接触するといけないので、縮小チューブを被せました。
縮小チューブはライターの火等で熱を加えると、ギュっと小さく締まるという優れもののゴムチューブです。

Arduino(Japanino)と繋げた回路です。

Arduinoのスケッチも先ほどの「なんでも作っちゃう、かも。:一眼レフカメラのシャッターを制御する」を参考にさせていただきました。大変助かりました!

実際に動いているものがこちら。5秒に一回シャッターを切るというインターバル撮影が行われています。

山でテスト撮影したいなー!
結局山につながりますw

PhotoShop CS5 新機能「コンテンツに応じる」はどこまで応じてくれるか

PhotoShop CS5の目玉機能、「コンテンツに応じた塗り」の補間力に驚いたので、いろいろ試してみました。

使い方は↓を参考にしました。
Adobe Photoshop Magazine コンテンツに応じた塗り

まずは、下の画像の選択範囲に「編集」>「塗りつぶし」>「コンテンツに応じる」を適用すると、

Adobe Photoshop CS5 新機能「コンテンツに応じた塗り」

うまく補間されました。パッと見だと違和感なしです。

にぎやかなジョギング大会開会式の画像も、

3年後、懐かしんでいる画像に変身しました。

このカモを消すのは、ちょっと難易度が高そうです。

まあ、ギリギリ(セーフ?アウト?)な感じになりました。

同じ画像でも、ちょっと選択範囲を変えてみると、

意味不明なパターンになりました。
コンピューターなりに頑張ってみたけど、「それじゃない!」といった具合です。

他に面白いパターンが出来るんじゃないかと、団子以外の部分に「コンテンツに応じた塗り」を適用してみました。

おいしそうなパターンができました。

次は、ゴリラの顔以外に適用。

なんかいい感じ!これは壁紙にしてもいいかも!いややっぱり怖い!

次はトリ以外に適用。

あなたの知らないトリの世界。

次は、なんとなくプルタブと「生」の字と魚の頭以外に適用。

怖い・・・

「コンテンツに応じた塗り」はパターン作成にも一役買ってくれそうです。

松ぼっくり成長記

ダカフェカメラのデジタル一眼レフおすすめレンズの購入順を忠実に守り、2本目のレンズとして「シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACRO」を購入しました。
これで、今までの30mmでもどかしかった広角やちょっとした望遠まで撮影できることになりました。

いざ試し撮りということで、またしても大濠公園へ向かい、松ぼっくりばかり撮ってきました。

それではお待たせしました!松ぼっくりの成長をご覧ください!

まだ緑色の雄花

変色

ちょっとグロくなり草間彌生風

1年後こうなるw
別名「松陰嚢(まつふぐり)」らしい。なるほどプールから上がった後みたい

さらに1年後

そしてよく見るこの状態に

松ぼっくりに成りかけなもっと中間のやつがあればと思い、探しまわっても見当たらなかったのでネットで調べてみたら、正確にはさっきの雄花が松ぼっくりになるのではなく、別に雌花があってそれが松ぼっくりになるみたいです。しかも2年かけて。
詳しくは下記のページに写真付きで載ってました。あの雄花が松の葉になっていたとは衝撃的です!

松ぼっくりができるまで

【おまけ写真コーナー】

トリ!トリ!トリ!

ホタテ貝

怖かったw

親ドリ

JR九州 ミニチュア化作戦

TiltShift Generator オンライン版」を使ってJR九州の列車の写真をミニチュアっぽい写真にしてみました。
これは楽しい。

「SL人吉」人吉駅にて

石炭をくべる風景(逆光で色が飛んでる写真だったので難易度高)

煙があると難しい・・

上の倉庫を遠くから

「いさぶろう」おお!これが一番ミニチュアっぽい

「はやとの風」霧島温泉駅にて

「白いソニック」もうちょっと遠くから撮れば良かった

やっぱり上から撮るってのは、すごい大事みたいです。

fotologueに登録

写真共有サイトに写真をアップしようと思い立ちまして、最初はflickrに登録しようとしたんですが、まずflickrに登録する為には米yahooのIDを取得しないといけなくて、米yahooのIDの登録中にどこで間違ったのか、「お父さんかお母さんの承認がいるよ」と言われてしまい、いや自分は30っす。と伝えたかったのですが、分かってくれるはずもなく、解決策もみつからないまま悶々とした気持ちで、今回はflickr登録はあきらめることにしました。子供扱いしやがって!

で、Picasafotologue どっちにしようか迷ったところ、カッコいい fotologue に軍配が上がりました。

登録したfotologueページ

1枚1MB以上の写真をどんどんUPしてたら、月に20MBまでの制限があることに気付き、気付いた時にはファイル容量いっぱいになっていて、まだアップしたい写真があったんですが、残りは来月にならないとアップ出来なくなってしまいました。

ファイルサイズを小さくしてアップするべきだったんですね。

ABOUT

MY APPLI

サッカーピープル
サッカーピープル

操作のしやすさ最優先の
自由自在なサッカーゲームです
iOS版 / Android版

コロッコトロッコ
コロッコトロッコ

石ころのコロッコを転がしながら
サラリーマンを会社へ運ぶゲームです
iPhone版 / Android版

CATEGORIES

ARCHIVES

TAGS

3Dプリント AIR ANE Arduino Away3D client work DIY Flash Funnel JavaScript Kinect LED openFrameworks PhotoShop Progression Qubicle Unity Xcode アプリ インターバル撮影 カメラ キャラ ゲーム制作 コロッコトロッコ スクリーンセーバー デバッグ フットサル ミニマル ランニング レーザーカッター 事務所 低山部 作品 動物 塗装 展示会 文字 料理 福岡てら子 美食家 街ぶらり 道具 鉄道 電子工作

FEEDS

SNS

--

Arduinoをはじめよう
Arduinoをはじめよう

電子工作が未経験の人にも
分かりやすい入門書

Arduinoをはじめようキット
Arduinoをはじめようキット

上の書籍の内容が
一通り試せるツールセット

Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ
Prototyping Lab

「Arduinoをはじめよう」より
深く掘り下げた内容の実践書

Make: Electronics
Make: Electronics

電子工作の基礎から実践まで