Flashのシンボル変換時のルーチン作業をサポートするコマンド

最近はUnityを使う時間も多くなりましたが、なんだかんだで一番使う時間が多い開発ツールはFlashという状況です。

1年程前に作ったFlash IDEのコマンドが何気に便利で、もうコレなしじゃ無理!っていうくらい使いこんでいるので紹介してみようと思います。

どういうコマンドかというと、下記画像のようにシンボル「top」内にあるシンボル「top_head」、さらにその中にある「top_head_base」というようなシンボルの階層に沿ってシンボル名を付けていく作業、つまり「親シンボル名_○○」という名前を付ける作業をサポートするコマンドとなっています。

【使い方】
下記画像はシンボル「top_head」の編集画面です。
この画面でシンボルに変換したいオブジェクトを選択します。

ここからシンボルに変換するには普段なら「F8」キーを押して「シンボルに変換」を実行するところですが、今回は代わりに紹介するコマンドを実行します。
『シンボルに変換_「親シンボル名_○○」』という名前のコマンドです。
(キーボードショートカットも登録しておくと便利です。)

シンボル名を記入するダイアログが出るので、今回は「base」と記入してOKを押します。

次にシンボルの基準点を決めるダイアログが出ます。

7:左上 8:中上 9:右上
4:左中 5:中中 6:右中
1:左下 2:中下 3:右下

と表示される予定だったのが、収まり切れずに省略されています(笑)
実際は1~9まで対応しています。
テンキーの位置で見ると分かりやすいです。

数字を記入後、OKを押します。

すると下記のようにシンボル「top_head_base」が出来ました。(赤線箇所)
親シンボルがフォルダに入っている場合でも親と同じフォルダ内に作成されます。
ついでにインスタンス名にも今回命名した「base」が設定されています。(青線箇所)
便利ですね~。もう手放せないですね~。

コマンド(jsfl)のダウンロードは以下からお願いします。

シンボルに変換_「親シンボル名_○○」.jsfl

※動作確認はWindowsでのみ行っています。
※jsflの設置方法が分からない方は「flash jsfl」等で検索してみてください。

面白かったゲームアプリ紹介

ここ1年程ゲームアプリ開発をしていたので、世の中のゲームアプリも気になっていろいろダウンロードした中で特に面白くて印象に残ったというゲームを3つ紹介しようと思います。

渋谷バッティングセンター
過去にも「こんなフリーキックはイヤだ」や「トースト少女」などヒットアプリを出しているハップさんのアプリの中でも特に面白かったのが「渋谷バッティングセンター」で、いろんな面白キャラを使ってボールを打ちかえすゲーム。ゲームをやっているうちにどんどん面白キャラが増えていってなかなか飽きない作りになっていてハマッしまいます。OLが野球帽を被っているちょっと変な世界感が好きです。

渋谷バッティングセンター

渋谷バッティングセンター
開発元:hap Inc.
無料
posted with アプリーチ

Tank Hero
アイコンを見ての通り、シンプルな戦車の3Dモデルがこれまたシンプルな見た目のコースを走りまわって敵と打ち合いをするという、Unityのチュートリアルで出てきそうな雰囲気のゲームなのですが、ところがどっこい!実際にゲームをやってみるとすごく楽しい!タップした方向に玉が発射できてすごい直観的にプレイできるし、ビリヤードみたいに玉をバウンドさせて的に当てるというパズル要素もあるという、ゲームは中身で勝負や!骨格で勝負や!と思わせる骨太なゲームです。

Tank Hero

Tank Hero
開発元:Clapfoot Inc.
無料
posted with アプリーチ

Score! Hero
サッカー系のゲームが作りたくて、サッカー系アプリをいくつかダウンロードした中で、このアプリは特に面白かったです。パスを出す操作時に時間が止まって、どこにパスを出すかじっくり考えてから打てるという、ある意味パズルゲームのような感覚でゲームを進めれるのが特徴です。

Score! Hero

Score! Hero
無料
posted with アプリーチ

今回紹介した3つともアクションを楽しむ系のゲームとなっております。
調査目的でプレイしたものの見事にハマッてしまいました。

僕も次回作(サッカー系ゲーム)を早く形にしたい!
リリース時期の目標は2016年内です。遠い(笑)

【宣伝】 あと今月リリースした物理アクション「コロッコトロッコ」もよろしくお願いします。

ジムショを移動

7月いっぱいでBLDG64にあったシェアオフィスを閉めてしまったので、
8月からはカラクリワークスさんが運営しているシェアオフィス「iDclass」に職場を移動しております。
いろんな会社が入っているシェアオフィスです。

以前の事務所は3人だったのが、新しい事務所は20人くらいいるので、朝の「おはようございます」も腹から声を出さないとみんなに届きません。
引き戸を開けた瞬間大きな声を出すので、間違えて「ベタナマ~!」と言ってしまいそうになります。(福岡ローカルネタ)

通勤は以前は徒歩だったのが自転車に変わって、通勤コースの半分くらいの時間は大濠公園を通るので、快適な通勤ライフを送っております。

スマホ用ゲームアプリ「コロッコトロッコ」をリリースしました



石ころの「コロッコ」が、通勤中に道草ばかりしているのんびり屋の「ノリオ君」を会社へ運ぶ無料のコロコロ物理アクションゲームです。

登場キャラクターはみんなボーっとした表情でちょっとゆるめのゲームとなっております。

是非、スマホでアプリをダウンロードしてお楽しみください!

コロッコトロッコ on App Store  コロッコトロッコ on Google Play



【難しいステージのヒント】
ヒントの記事を追加しました。 (2015/9/15)



【受賞】
当アプリが賞をいただきました!
(カッコ内はこのページに追記した日です)

ニコニコ自作ゲームフェス2016 敢闘賞(アニメーション美術賞) (2016/4/9)



【レビュー記事】
当アプリを以下のサイトでご紹介いただきました。
ありがとうございます!
(カッコ内はこのページに追記した日です)

AppLibrary (2015/8/7)
テクジョ (2015/8/7)
あぷまがどっとねっと (2015/8/7)
GameCast (2015/8/10)
暗黒社 (2015/8/10)
Appliv (2015/8/11)
週刊アスキー (2015/8/13)
アプリゲット (2015/8/18)
AppLink (2015/8/19)
iPhoroid (2015/8/20)
BoomApp (2015/8/21)
Axel Games (2015/8/31)
APPREVIEW (2015/9/1)
アンドロイダー (2015/9/3)
ケータイ Watch: アンドロイダー出張所 (2015/9/10)
もぐらゲームス (2015/9/19)
AndroidView (2015/9/25)

iTunes Connect にアプリをアップしたら「バイナリが無効」表記がでる

Unity 4.6 で制作したアプリを iTunes Connect にアップするところでハマってしまったので、メモしておきます。

順を追っていくと、Unity 4.6 でビルドしたXcode用データを使って
Xcode 6.4 の Organizer でVlidate成功。
Xcode 6.4 の Organizer で「Submit to App Store」でアップロード成功。
ところが
iTunes Connect > マイApp > バージョン > ビルドに「+」マークが付かない。
iTunes Connect > マイApp > プレリリース > ビルド を見るとアップロードしたデータのステータス欄に「バイナリが無効」という文言発見。
エラー内容を特定するメッセージさえないので遠い目でブラインド越しに夕日を眺める。
試しに ApplicationLoader 3.0 でアップロードするとまたもやプレリリースで「バイナリが無効」となってしまったのですが、直後Appleからメールが来て、下記のエラー内容が書かれていたので色々調べる。

The app references non-public selectors in ○○○: _activityFunctionImage:, _activityImageForApplication:

Unity のSNSシェアに使う Social Connector が怪しいということで、Social Connector のバージョンを 0.2.9 から 0.3.5 に変更したら解決しました。
※0.2.9じゃないと直接Twitter投稿画面とかを出す PostMessage が使えないのですが、申請できなければどうもこうもないので PostMessage はあきらめました。
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 20

ABOUT

MY APPLI

サッカーピープル
サッカーピープル

操作のしやすさ最優先の
自由自在なサッカーゲームです
iOS版 / Android版

コロッコトロッコ
コロッコトロッコ

石ころのコロッコを転がしながら
サラリーマンを会社へ運ぶゲームです
iPhone版 / Android版

CATEGORIES

ARCHIVES

TAGS

3Dプリント AIR ANE Arduino Away3D client work DIY Flash Funnel JavaScript Kinect LED openFrameworks PhotoShop Progression Qubicle Unity Xcode アプリ インターバル撮影 カメラ キャラ ゲーム制作 コロッコトロッコ スクリーンセーバー デバッグ フットサル ミニマル ランニング レーザーカッター 事務所 低山部 作品 動物 塗装 展示会 文字 料理 福岡てら子 美食家 街ぶらり 道具 鉄道 電子工作

FEEDS

SNS

--

Arduinoをはじめよう
Arduinoをはじめよう

電子工作が未経験の人にも
分かりやすい入門書

Arduinoをはじめようキット
Arduinoをはじめようキット

上の書籍の内容が
一通り試せるツールセット

Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ
Prototyping Lab

「Arduinoをはじめよう」より
深く掘り下げた内容の実践書

Make: Electronics
Make: Electronics

電子工作の基礎から実践まで