PhotoShop CS5 新機能「コンテンツに応じる」はどこまで応じてくれるか

PhotoShop CS5の目玉機能、「コンテンツに応じた塗り」の補間力に驚いたので、いろいろ試してみました。

使い方は↓を参考にしました。
Adobe Photoshop Magazine コンテンツに応じた塗り

まずは、下の画像の選択範囲に「編集」>「塗りつぶし」>「コンテンツに応じる」を適用すると、

Adobe Photoshop CS5 新機能「コンテンツに応じた塗り」

うまく補間されました。パッと見だと違和感なしです。

にぎやかなジョギング大会開会式の画像も、

3年後、懐かしんでいる画像に変身しました。

このカモを消すのは、ちょっと難易度が高そうです。

まあ、ギリギリ(セーフ?アウト?)な感じになりました。

同じ画像でも、ちょっと選択範囲を変えてみると、

意味不明なパターンになりました。
コンピューターなりに頑張ってみたけど、「それじゃない!」といった具合です。

他に面白いパターンが出来るんじゃないかと、団子以外の部分に「コンテンツに応じた塗り」を適用してみました。

おいしそうなパターンができました。

次は、ゴリラの顔以外に適用。

なんかいい感じ!これは壁紙にしてもいいかも!いややっぱり怖い!

次はトリ以外に適用。

あなたの知らないトリの世界。

次は、なんとなくプルタブと「生」の字と魚の頭以外に適用。

怖い・・・

「コンテンツに応じた塗り」はパターン作成にも一役買ってくれそうです。

Post a comment

※承認されるまではコメントは表示されません。

Trackbacks

URL: http://b.i-tach.com/wp-trackback.php?p=307