寄席文字体験

橘右女次先生による「寄席文字特別講座」に行って来ました。
先日まで寄席文字や歌舞伎の勘亭流や相撲文字が別のものという事も知らなかった自分ですが、匠な技を生で見れて興奮しました。

橘右女次先生が「響」という文字を書いているところ

文字の線の太さや白いスペースが均等に見える様、書き足しもしていくという、書道とはまた違う世界でした。

書き順も普通とは違って、上手く書きやすいように工夫されていて面白かったです。

Post a comment

※承認されるまではコメントは表示されません。

Trackbacks

URL: http://b.i-tach.com/wp-trackback.php?p=184